「慧妙」紙最新号より抜粋
株式会社 慧妙

偽造写真裁判の不当判決を総括する!!
政権バックに無法化する学会


偽造写真裁判の不当判決を総括する!!

謗法写真偽造・違法報道と認めながら
判例まで無視して学会勝たせる異常

 新年そうそう、「日顕宗全面敗訴」などという見出しが踊る『改革時報』などを、そこかしこにバラ撒(ま)き、自らの愚を宣伝して廻る学会員の、何と多いことか――。  
ここに本紙は、その原因である不当判決の内容につき、再度、厳正な批評を加えておきたい。

 謀略だらけの「偽造写真」事件
       日顕上人への名誉毀損は認定!
 本紙がたびたび報じてきたように、この裁判の最大の争点は、問題の『創価新報』に掲載された写真が「偽造」されたものであるか、ならびに、写真を含めた記事全体が名誉毀損にあたるかどうか、ということである。
 裁判所が下した判断について語る前に、まずは事件の概要を確認しておきたい。  昭和六十一年十一月、日顕上人猊下は、椎名法宣尊師および阿部法胤尊師(両師とも故人)の古稀記念の宴席に、夫人同伴で招待された。その際、スナップ写真の撮影を担当したのは、後に脱落僧となる椎名法昭であった。
 今回の学会問題発生後、宗門から脱落した椎名法昭は、平成四年十月、前述の宴席で撮った日顕上人の写真を学会に渡す。
 その写真は、副会長・野崎勲の指示を受けた特別企画室部長・木村芳孝によって『新報』に掲載されたが、その際、日顕上人を貶(おとし)めるために、壁≠描き加えて、写真に写っていた他の出席者の姿を消したり、撮影日時が特定されることを防ぐために、背景≠描き変えたり、やはり出席者の姿を消すため、写真を大幅にカットする等々の偽造・変造が加えられた。
 そのようにして、日顕上人がひとり密室で芸者遊び≠しているように造り上げた写真に、木村らは、「日顕(上人)が欲すは『カネ、酒、色』の堕落道」「えっ、これじゃ『日顕堕落宗』?」「退座の後はここにキマリ 猊座がなくても芸座≠ェあるサ」などの見出しを付け、さらに、「法主がこんな下劣な男であるから、取り巻きの役僧も末寺の僧侶も放蕩(ほうとう)・好色爺(じじい)ばかり」「ああ、希代の遊蕩坊主・日顕(上人)。そして、好色教団・日顕宗」「日顕芸下≠ヘ、今日も遊行≠ヨと、いそいそ御出仕」などの文章を加えて、これを、ありもしない「遊蕩と邪淫」の現場写真に仕立て上げ、『創価新報』平成四年十一月四日号・十八日号に掲載。日顕上人の名誉を毀損した上で、日蓮正宗ならびに大石寺の名誉をも毀損したのである。
 また学会の実質的責任者たる池田大作は、平成四年十一月十四日、「第十五回SGI総会・第四回埼玉総会」の席上、満場の会員を前に、問題の『創価新報』が発行されることを予告し、学会の違法行為を制止せずに黙認したのであった。
 ところで、学会によって偽造・変造された写真は、やはり、木村らの思惑どおり、その撮影日時や場所・状況を特定することが困難なものであった。
 しかし、写真は偽造の痕(あと)がハッキリと残るものであったため、本紙および本紙の前身の『妙観』紙が偽造疑惑を徹底追及。これにネを上げた学会側が撮影日時を明かし、ついに、偽造のタネにされた写真が判明したのである。

  不可解極まる高裁・不当判決
       月刊ペンの判例と正反対の異常!

 写真を偽造してまで行なわれた、学会の悪質極まる謀略行為――。この違法行為を徹底糾弾するため、日蓮正宗ならびに大石寺が、謝罪広告の掲載と損害賠償を求めて東京地裁に民事訴訟を起こしたのは、平成五年五月一日のことであった。
 これらの事実関係に対し、東京地裁はもちろんのこと、控訴審の東京高裁(鬼頭季郎裁判長)も、
 「本件写真は、右撮影当時、他に二人の僧侶がいたにもかかわらず、これらを註記するようなことはないのであるから、右写真を見た者に対し、阿部日顕(上人)一人が酒席で芸者遊びをしているとの、実際の情況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えているものというべき」 として、写真は「偽造」されたものと明確に認定。
 さらに、
 「(『創価新報』の記事は)控訴人ら(創価学会ならびに池田大作)が主張するような、日蓮正宗の宗教上の教義に関わる問題や、阿部日顕(上人)の宗教的聖性についての論争、さらには、正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕(上人)を揶揄(やゆ)し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有するものというべき」 と、日顕上人に対する名誉毀損も、これまた明確に認定したのである。
 このように、事件を大筋で認めながら、しかし鬼頭裁判長は、
 「本件記事は、阿部日顕(上人)個人に向けられたものであり、これが同人に対する名誉毀損を構成する余地があるとしても、これをもって直ちに、被控訴人両名(日蓮正宗ならびに大石寺)に対する不法行為に該当するということはできない」 として、昨年十二月五日、宗門側の請求の全てを棄却するという、不当極まる判決を下してしまった。これが、これまでの経緯である。
 ところが、過去、この問題と非常に類似した裁判において、東京高裁は全く正反対の判決を下していた!
 それは、いわゆる『月刊ペン』裁判の控訴審において、創価学会から名誉毀損で訴えられていた被告・隈部大蔵氏(月刊ペン編集長)が、
 「池田大作ら個人間の性生活の摘示は、同人らが単に学会の会長、または婦人部幹部という地位にあるだけのことであって、他に教義教説などの宗教的関連性がなく、公共性も欠き、全く別人である宗教法人創価学会そのものの名誉に対し、何らこれを侵害するものでないから、当然、学会に対する名誉毀損の成立する余地はないことになる」 と主張したことに対し、昭和五十四年十二月十二日、東京高裁は、
 「『四重五重の大罪犯す創価学会』『極悪の大罪犯す創価学会の実相』との各見出しのもとに、その例示として、創価学会会長池田大作、同会婦人部幹部多田時子、同渡部通子らに関する不倫な男女関係の醜聞である現判示各掲載記事を具体的に摘示して、それが同会会長、幹部らを中核として組織された創価学会に対する名誉毀損に該当するとしているものであることは、原判決の認定、説示するところに照らして明らかであり、判決の『罪となるべき事実』の摘示としては、必要にして十分」 だとする判決を下した。つまり、創価学会幹部である池田大作らに対する名誉毀損は、創価学会に対する名誉毀損にあたる、と判断したのである。
 ところが今回、鬼頭裁判長は、日顕上人が日蓮正宗ならびに大石寺の代表役員を務めている事実を認定しながら、
 「(この名誉毀損行為が)直ちに、被控訴人らに対して向けられた非難、中傷であると認めることはできない」 と、『月刊ペン』裁判の控訴審判決とは、正反対の結論を導き出してしまったのだ。
 そもそも、
 「日蓮正宗の宗教上の教義に関わる問題や、阿部日顕(上人)の宗教的聖性についての論争、さらには、正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕(上人)を揶揄(やゆ)し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有する」 とまで認定しておきながら、鬼頭裁判長はなぜ、その日顕上人を「法主」と仰ぎ「管長」と仰ぐ日蓮正宗ならびに大石寺の名誉が著しく毀損されている、という事実を認めようとしないのか――。
 これ以上の、不可解かつ一般社会の常識に反する判決はない。また『月刊ペン』裁判の判決と比べてみると、同種の事案につき、片や、創価学会の場合は組織に対する名誉毀損を認めながら、他方、宗門の場合には組織に対する名誉毀損を否定するという、相手によってご都合主義的な使い分けがされていることになる。
 「偽造写真」裁判は今後、最高裁に舞台を移して争われる。
 最高裁が、今回のような非常識な高裁判決を是正し、首尾一貫した姿勢を堅持されることを切望する。
戻る

 



創価学会事件簿
危ない!? 政権バックに無法化する学会

 大石寺の警備員寮を学会員十余名が急襲
 本年夏の参院選を睨(にら)んでか、表向きは平穏を装っている池田創価学会であるが、裏での陰湿な動きは相変わらず続いている。とくに、敵対者と見なした相手に対する、ターゲットを絞り込んだ嫌がらせや策謀は、ほとんど無法に近い状態で行なわれているのである。
 本年も年明け早々、静岡県下で、こうした学会男子部共の直接行動が何件か発生した。
 まず、一月七日午前十一時頃――大石寺を警備する会社(株式会社「清昌」・富士宮市。社員は全員が法華講員)の警備員寮に、学会員十五、六名が押し掛けてきた。
 メンバーは、W林兄弟やI藤・K尾・M月等、かねてから総本山に現われては騒動を引き起こしてきた、タチの悪い面々である。
 警備員五名が対応のために戸外に出た途端、学会員らはいきなり警備員を取り囲み、耳元に口を近付けて「バカヤロー!」「芸者ヤロー!」などと喚きながら、駐車してあった車のボンネットや垣根に警備員を押しつけた。
 あまりの凄まじい騒動に、身の危険を感じた警備員が、隙を見て一一○番通報し、それを学会員らに告げると、学会員らは寮の前の公道に停めていたワゴン車に乗り込んで逃げ去った(十一時二十分頃)が、その車に乗り込む際にも、警備員の一人を車内に引きずり込もうとする程の、執拗(しつよう)な悪質さであった。
 なお、彼らの突然の襲撃は、彼らの言動からすると、年末に警備員の一人・Yさんが清水市の学会員宅を訪問して折伏したことに対する、報復のつもりらしい。
 その時、Yさんは、あくまでも紳士的な態度で訪問し、その家の主人から 「法華講?…どうぞ」と言われて家に入った(ちなみに、通された部屋の仏壇にはニセ本尊が掛けてあり、その横に「打倒山友・日顕(上人)」と書いた紙が置かれていたという)。
 ところが、そこへ二人の学会員(男)がやってきて、話は混乱状態に。夜勤の時間が迫ったYさんが、「後日『慧妙』紙を送る」ことを告げて退去しようとすると、二人の学会員は、「住所を言え」と、いきなり、Yさんのカバンやコートを掴んで奪い取ろうとした。あげく、二人掛かりで、部屋の戸が開けられないように押さえ付け、出ようとするYさんを引き戻したのである。
 まさに、Yさんは監禁状態にされたのであるが、そのYさんに対して、あろうことか、学会員らは、「家宅侵入で通報するぞ」と脅しをかけてきた。
 Yさんは、携帯電話を使って警察に助けを求め、なんとかその場から脱出できたが、この気違いじみた学会員の行動には、身震いするばかりである。
 しかも、こうした自らの違法行為を棚に上げ、数を頼んでの報復行動に出る(というより、暴力団が因縁をつけるのと変わらない)のだから、 平和と文化の団体≠ェ聞いて呆れるではないか。
 話は警備員寮の騒動に戻るが、この日、襲撃してきた学会員の中に、Yさんを監禁した男達はいなかった。つまり、この襲撃は、報告を受けた学会の組織が、法華講の折伏の意欲を萎(な)えさせるために、実行部隊に命じたもの、と見るのが自然であろう。
 まさに、学会による組織ぐるみの行動なのである。

 ショック!電話線切断の上、窓を破って侵入
 この襲撃と同じ日の夜、静岡市在住の妙観講々員・Tさん宅で、さらにショッキングな事件が起こった。
 Tさんが学会員らに呼び出されて、外で話をしている間に、Tさんのアパートの部屋が荒らされ、講中の住所録や会合の内容をメモした手帳などが盗み取られたのである。
 この日、学会員S山から、「話がしたい」との電話がTさんにあったのは、夜の七時半頃であった。Tさんが、近くのファミリーレストランを指定し、八時頃、そこに行くと、S山を含む六人の学会員がやって来た。
 約一時間程、写真偽造事件の裁判の事などについて、やり取りをしていたが、突然、六人の学会員全員が、「トイレに行く」と言って、同時に立ち上がった。 じつに不自然な行動であるが、「少し待っていてほしい」という言葉に従って、Tさんはしばらく待っていた。しかし、そのまま誰も戻って来ないので、十分後、Tさんは店を出た。
 そして、自宅アパートに着いたTさんは、玄関前で異常に気付いた。  入り口のドアのノブが壊され、さらにそのドアの明かり取りのガラス窓が、窓枠ごと外されていたのである。しかも、物色中の明かり漏れを防ぐ目的か、外された窓には、室内にあったはずのTさんの作業着が画ビョウで止められていた。
 驚いたTさんが、室内を確認しようとして、電気のスイッチを入れたが、電気が点(つ)かない。さらに、警察に通報するため、電話の受話器をとったが、これも不通状態になっていた。
 携帯電話から一一○番通報し、到着した警察官と一緒に室内を調べてみると、電気と電話の配線が、全て室外で切断されていた。発見を遅らせるための細工だったのであろう。
 じつに計画的で、悪質きわまりない手口。故・坂本弁護士宅を襲撃した、オウム教団のヤリ口を彷彿(ほうふつ)とさせるではないか。
 さらに室内を調べてみると、金品にはまったく手が付けられておらず、無くなっていたのは、妙観講の会合の内容や、幹部の住所・電話番号などを記録した手帳三冊と、暁鐘編集室から最近発行された書籍が数冊――。
 もちろん、Tさんは被害届を出したが、明らかに金目当ての犯行などではない。妙観講の会合の記録や講員の住所録を、何としても手に入れたい、と思っている集団の犯行であることは、誰の目にもハッキリしている。
 しかも、わざわざ学会員から呼び出されて、ファミリーレストランで拘束されていた一時間余りの間に起こった事件――となれば、はじめから仕組まれていたと見るのが当たり前だ。
 以上、一月七日に続けて起こった二つの事件を紹介したが、こうした、創価学会の反社会的行動が、目に見えて大胆不敵になってきている背景は、公明党が政権与党で力を増していることに対する驕(おご)りである。勝ち目のない裁判でも勝ち、違法性のないチラシ配布を弾圧するのに警察を動かし――等々といった状況下で、たとえ、何をしても、国家権力をも動かす政治力で逃れられる、と思っているのだ。
 この先、公明党が政権与党内でさらに力を増していくようなことになれば、いったい、この日本における信教の自由や思想の自由はどうなる。  我々は、こうした学会の危険性を広く世の中に知らしめていく。
戻る

 

|HOME|