« 2006年02月 | メイン

2006年09月29日

「魔札」・・・なんとなく経験から分かる気がします。

はじめまして。私は知人の紹介で1年前に創価学会に入会した現役学会女子部です。最初入会する時に学会に対する世評とは違い変に抵抗も違和感も無くサインして本尊を貰い題目をあげて宿命転換出来るから一緒にがをばりましょうとの言葉を信じ日々淡々とやっていました。入会して数ヶ月後に仕事での大きなトラブル、健康上の問題が次々と生じて来て良い事ばかりか不運続きになりました。ストレスで鬱状態になり仕事もやる気が無くなり遂に先月退職しました。幹部からは諸天善神(こんな漢字でしたっけ?バカですいません)に守られる、今が頑張り時だよ等と言われても信心やる気力も無くなりもう辞めても良いなんて思います。私は両親とは別に遠方で暮らしているので私が学会にいるなんて知りません。おそらく学会員だとわかった段階で両親は相当な剣幕で怒り狂うでしょう。特に父は創価学会の創の字を見るだけで気分が悪くなるので学会員である事など口が裂けても言えません。でも紹介してくれた知人は良い方なのでその人を信じてやって来ました。でも入会時だけであとはそれっきりです。私は折伏にも挑戦した事もあります。でも入決まではいたりませんでし
た。今考えるとそれが良かった事かもしれません。私自身にもうやる気無いのですから。最近反学会系サイトに「ニセ本尊」とか「魔札」などと書き込みを目にした事がありますがやはり私自身の経験から言うとそれは本当なのでしょうか?私は仏法の知恵は浅いので明確な事はわかりませんがなんとなく経験から分かる気がします。それに学会はよく人間主義や平和などと良く口にしますが学会の言う人間主義って批判的な文献や団体を攻撃する事なのでしょうか?平和や対話などとはアメリカのイラク戦争を肯定する事なのでしょうか?この事を幹部に質問しても「お題目あげてるの?聖教新聞読んでいるの?」そんな的外れな返事しか返って来ません。踏み込んだ質問したらさらに上の幹部?(婦人部長って言うの?)連れて来て信心が足りないと説教してくる、バカバカしくてもう付き合い切れません。この被害者の声の中に元学会員さんが撲滅御祈念云々と書かれた手記を読みました。やはり創価学会って宗教と言うより排他的で独善的な政治結社のように思いました。今もメールを打つ指もなんだかおかしいです。まともな文章が書けないで管理人さんごめんなさい。現役学会員
さんでも同じく疑問や矛盾を思いながら質問出来ずにいる方も沢山いるのではないのでしょうか?

投稿者 toride : 12:36 | トラックバック