« 2005年08月 | メイン | 2006年01月 »

2005年09月05日

学会の実態

またまたメールします。少しの知識しかありませんが及ばずながら今日の学会の実態をお知らせします。私は○○○県に住んでます元学会員です。この実態こそ学会員の精神異常さを少しでも知って頂きたいと思いメールしました。学会員の選挙時の場所や時間や相手の都合等構わない戸別訪問の異常さは世間の皆様方は良く御承知の事とは申し上げますが今回彼等の異常さを知って頂くのは日蓮正宗大石寺管長である阿部日顕法主に対する事です。日蓮正宗の教義を逸脱させ謀法の限りをつくす創価学会池田大作氏に再三再四厳重注意を促すも池田大作氏は言う事を聞かないばかりか中傷批判を繰り返し遂には平成3年11月、日蓮正宗側は断腸の思いで学会を破門解散通告をしたのは御承知かと思います。しかしながらその腹いせか学会員はとことん日蓮正宗管長である阿部日顕法主を悪の権化の様な宣伝を連日聖教新聞を始めとする機関誌にて非難中傷してますよね。同時に学会会館の仏壇や学会員自宅の仏壇前には「日顕死滅撲滅、竹入、大村、乙骨撲滅」等々と学会を離れた人、批判するジャーナリストの不幸を節に願う張り紙がされてます。一度学会員時代にこの様なメール
がきました。「本日、日顕撲滅の為の十時間唱題を行います。希望者は○○会館に○時に集合して下さい。」と…。まあ私の知る地域のみならず全国でその様な事はやっている様子です。私の知る都内在住の学会員もその様なキチガイ事にはもう付いて行けないから…。と言ってました。あとどこかの地方では「日顕が乗った飛行機が墜落します様に…。」とか。普通に考えてもその飛行機の乗務員やら乗客をも巻き込む事ですよね。それを学会員は理解した上での事なのでしょうか?いくら自分達の憎む対象の人物とは言え人の不幸を願うのは慈悲の無い時点で宗教者失格と思います。本当に彼等は精神異常をきたしてるとしか思えてなりません。本当の仏法を実践するならこんな事出来ますかね?私も辞めて正解だったと常々思います。
この被害者の会の手記をご覧になってる皆様、今、勧誘、折伏を受けて入会しようとしている皆様、創価学会は、ハッキリ言って宗教ではありません。入会したら最後、人格が破壊されます。賢明な判断をしてください。

投稿者 : 13:08 | コメント (12)

2005年09月03日

天に唾する

小生○○在住の一学会員ですが、昨今の聖教新聞を読んで情けなくなります。私は貴会ほど、反学会では有りませんが、誌上の「正義と真実の歴史」を読む度に暗い、気持ちになります。
座談会の形をとってはいますが、まさか、こんな、くだらない、座談会を毎回開く程暇ではないでしょう。明らかに、誰かひとりの、創作座談会だと思う。とくに、公明党の幹部諸氏
に対する攻撃は正に異常です。いまや,前、矢野委員長も攻撃対象になっているが、昔からあの、横柄な態度には好感は抱いてはいなかったにせよ、
竹入委員長を始め離れていった公明党幹部には批判を通り越して、誹謗・中傷以外の何物でもない。先ず、「権力は腐敗する」という、原則を無視しているし、何よりも、
歴代委員長が、悉く槍玉にあがるような、異常な状態、罵れば罵るだけ、天に唾するようなものだ。そのような、人間を、事もあろうに、委員長と言う重職に選んだ
側の、責任には、一切触れることなく、マスコミコードに抵触するような、罵詈雑言を浴びせかける。その前に、人間の本質に迫る宗教を信じるならば、
学会の言う腐敗・堕落が有り得るという前提があって、「それが人間」であり清濁合わせ持っているとの認識が無くてはならないと思う。
「絶対的権力は絶対に腐敗する」というのは、古今東西全ての識者の、共通の原理・原則だ。池田名誉会長を筆頭に長年の権力構造のなかにある、学会自身に
腐敗・堕落がないと言い切れるか甚だ疑問だ。スケール・メリットというか、大きく伸びているのが、正義の証しとは、詭弁と言う他ない。

投稿者 : 03:40

選挙違反??

選挙のときに公明党候補、および公明党に投票をお願いされて投票所まで車で連れていかれ、投票所の前で投票した後も待っていて
「公明党および公明党候補または公明党が支援する候補者に投票してくれた」と前回の時にこうされましたが、これってどうなのでしょうか?

投稿者 : 03:37 | コメント (1)